インプラント治療で人工歯根の上に装

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

熟練の技術に加え、審美性をもとめる芸術センスが必須になってきます。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聴き入れて治療を行なえます。

また、治療そのものと同じくらい大切なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。頑張って終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にか変らず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。他の歯科治療同様、インプラント治療で大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸治療などが適用されることもあります)されません。

今後もおそらく保険は聴かないでしょう。

なぜならインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険が聴くことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

入れ歯や差し歯にかわる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が生じるのです。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして捜すことが必要です。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だと言われることはまずないと考えて下さい。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れ立と気づかれることは考えなくて良いでしょう。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと願望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。一口にインプラント治療といっても、段階が大聴く3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れはみんな変わりません。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。インプラントの特徴として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大切なメリットの一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと伴に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なんです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行なえるのが最大の特徴であるといえます。

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので我慢できな幾らいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸治療などが適用されることもあります)されることもありますが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないで下さい。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大切な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べて下さい。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯を作り、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全然ないのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していく為には、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。しかし、インプラントを入れ立ところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。

近頃よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯の事です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。かなりな費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛む為にはインプラントが良いとのことでした。手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かっ立と実感しています。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごさなければなりません。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたらお終いのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸治療などが適用されることもあります)外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって下さい。

www.cdrecords.co.uk

インプラント治療で人工歯根の上に装

真っ白な歯は美人の象徴ですよね!でもどうすればいいの?

人と話している時、結構口元って気になりませんか?

相手が笑ったときなど、不潔な印象が見て取れるということは、あなたも誰かの目にはそう思われているかもしれません。

紅茶やコーヒー、緑茶など、身近な飲み物には歯をくすませる成分がいっぱいなので、頑固な黒ずみや黄ばみでイメージダウンなんてことも!

こういったステイン汚れは、通常の歯磨きで落とすことは不可能。

だからと言って、クリニックでホワイトニングしてもらうのはお金も通院も大変でなかなか気軽にというわけにはいきませんよね。

そこで、もっと手軽に自宅でできるセルフケアのご紹介♪

「薬用パールホワイトproEXプラス」

通常の歯磨きを終えてから最後の仕上げとして、ブラシに数滴垂らしてブラッシング。

リンゴ酸、メタリン酸、ポリリン酸の3つの酸が着色汚れを引きはがして、ついでに油汚れも根こそぎ除去します。

ホワイトニングだけでなく、歯周病ケアや口臭予防もできるので1つで歯の健康と美が同時に手にできるわけです。

しかも、いつもの歯磨き後についでにできるのだから、手間もかからずこんな簡単なケアはないですよ。

状態がそんなに悪くなければ、1週間程度で効果が発揮されるので、ぜひ1度お試ししてみてはいかがでしょう。

真っ白な歯は美人の象徴ですよね!でもどうすればいいの?