フォリックス

塗った瞬間から違いが分かる!
フサフサした豊かな髪をGET♪

フォリックス

【徹底比較】フォリックスとフィンペシアどっちが良いか試してみた

follicks-finpecia フォリックス

フォリックスとフィンペシアはどちらもAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

どちらも日本から認可されておらず、処方してくれるクリニックも数少ないので輸入をしているサイトから買うしかありません。

クリニックによるAGAは安全ですが通っていると高いと思う方もいるかもしれません。

フォリックスとフィンペシアは海外の製品なので、使用する際は個人の判断になります。

 

それでも髪の毛をできるだけ安く生やしたい。

フォリックスとフィンペシアのどっちが良いの?

 

この記事では、フォリックスとフィンペシアのどちらが良いのか試してみた感想をお伝えします。

フィンペシアの強み

フィンペシアの強みについて解説します。

フィンペシアの強み

フォリックスにはないフィンペシアの強みとは、主成分がフィナステリドであることです。

フォリックスにはフィナステリドが配合されているものもありますが、全てではありません。

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の抜け毛や薄毛の進行を防ぎ、今ある髪を維持する働きをします。

AGAの原因となる男性ホルモンテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)に代謝されます。

毛乳頭細胞内のアンドロゲン受容体と結合し、栄養を運んでくれる毛細胞の動きを抑制するのです。

どんなに血流がよくて髪への栄養を取っていても、毛乳頭細胞へ運んでくれる毛母細胞が抑制されていたら生えるものも生えませんよね。

フィナステリドは5αリグクターゼという還元酵素の働きを抑制することによって、DHTへテストステロンが代謝されるのを防ぎます。

それにより毛母細部の活動が正常に戻り、AGA治療につながるのです。

なので、フィナステリドは毛母細胞の働きを正常にする作用がありますが、発毛成分ではありません。

結果的に発毛を実感することはできますが、発毛を促す作用ではないのです。

しかし、フィナステリドは毛を育てるのに重要な毛母細胞の働きを正常にするので、他の育毛成分がある薬と併用すると効果絶大です。

育毛において、フィナステリドは前線で戦うのではなく後衛で補助をすると考えるといいでしょう。

よって、フィナステリドが主成分である事は、フォリックスにないフィンペシアの強みと言えるでしょう。

 

フォリックスの強み

フォリックスの強みについて解説します。

フォリックスの強み

フィンペシアにはないフォリックスの強みとは、ミノキシジルが配合されていることです。

何故なら、ミノキシジルには発毛効果があるからです。

ミノキシジルには発毛を促す3つの効果があります。

  1. 毛細血管を広げて血流をスムーズにする
  2. 髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞を増殖させ、毛周期を延長させる
  3. 毛乳頭細胞から作られ、栄養などの受け渡しをする毛母細胞を刺激する

フィナステリドが整えるのに対して、ミノキシジルは成長を促す成分だと言えますね。

いくら栄養を送る仕事をする母毛細胞を助ける働きをしても、毛の成長を促す毛乳頭細胞が少なければ髪の毛は増えません。

実際ミノキシジルが高濃度に配合されているフォリックスを使用して、M字ハゲに産毛が生えてきたという声も多いです。

また、フォリックスには育毛に有効な成分が16種類も配合されています。

頭皮の血液循環をよくし、毛包の廊下、DHTによる毛包委縮に働きかけるプロキャピル。

DHTの働きを阻害し、髪そのものを太く濃いものへ成長させ、毛周期を休止期から成長期へ導くアデノシン・アゼライク酸・プロシアニジンB2。

こうした多彩な効果のある有効成分によって、弱っていた毛根は成長し、髪の毛の密度と太さをよりよくします。

頭皮の血行をよくし、毛母細胞へ直接働きかけるミノキシジルだけでなく、抜け毛やDHTを阻害する16種類もの有効成分。

これらによって不毛地帯から産毛が生えてきて、やがて太く強い毛に成長していくのではないでしょうか。

よって、育毛に効果ありの多彩な16種類もの有効成分はフォリックスの強みと言えるでしょう。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

フォリックスとフィンペシアの比較結果!

フォリックスとフィンペシアの比較結果について解説します。

フォリックスとフィンペシアの比較結果

フォリックスとフィンペシアの強みをそれぞれ解説してきました。

では、フォリックスとフィンペシアはどちらが優れているのでしょうか。

結論から言うとフォリックスです。

何故なら、フォリックスには発毛を促す有効成分があるだけでなく、リポスフィアテクノロジーが採用されているからです。

リポスフィアテクノロジーとは、有効成分をカプセル化し、皮膚の深い層まで浸透させます。

そして有効成分の吸収を最大限に引き出し、育毛効果を持続します。

また、かゆみや炎症を抑える働きもあります。

育毛に使われる薬は、多くが副作用としてかゆみや炎症があります。

有効成分の浸透率アップ、吸収力の最大化、かゆみや炎症を抑えるリポスフィアテクノロジーはフィンペシアにないフォリックスの強みと言えるでしょう。

また、フォリックスはプロピレングリコールを配合していません。

プロピレングリコールは頭皮の炎症、かゆみ、頭皮のベタつきなどの頭皮のトラブルを発生させます。

 

フォリックスは大変頭皮に優しい商品となっています。

また、フォリックスには女性も使える男女兼用があります。

 

フィナステリドを主成分とするフィンペシアは未成年の男子や女性が使用するのを禁止しています。

妊娠中の女性は胎児に影響がある可能性が高いので特に注意が必要です。

しかし、フォリックスはミノキシジル2%配合のFR02という商品があります。

ミノキシジル2%と他の濃度に比べると低いですが、女性の薄毛などに十分効果があります。

よって、頭皮に優しい事と男女兼用の商品があることはフィンペシアにはないフォリックスの強みと言えるでしょう。

実際に私がフォリックスを試した口コミ体験談も合わせてご覧下さい。

フォリックスとフィンペシアの比較まとめ

フォリックスとフィンペシアのどちらがいいのか比較をしてきました。

  • フィンペシアの主成分であるフィナステリドは髪の毛の周期を整えるAGA治療薬
  • フォリックスは発毛効果があるミノキシジルや他の有効成分が配合
  • 毛を生やしたいのならフォリックスのほうが優れている

ミノキシジルは発毛を促す成分ですが、AGAの進行を抑制するわけではありません。

フィナステリドは単体では発毛を促進させる力は乏しいですが、毛周期を正常にし、AGAの進行を抑制します。

なので、AGAの方はミノキシジルとフィナステリドの両方を服用すれば効果は絶大なのではないでしょうか。

しかし、この二つは強い副作用があります。

なので、個人で判断して飲むより医師に処方してもらうほうが安全で的確でしょう。

もし、AGA云々よりまずは髪の毛が生えた実感を得たいというのならフォリックスを使い続けてください。

そうすれば産毛が生え、どんどん太くコシのある髪に成長していくことでしょう。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました