フォリックス

塗った瞬間から違いが分かる!
フサフサした豊かな髪をGET♪

フォリックス

フォリックスとリグロースラボを比較!実際に試して検証

follicks-regrowthlabs フォリックス

フォリックスとリグロースラボはどちらもSapphire Healthcare LLCから出されえている育毛剤です。

どちらもミノキシジルが高濃度に配合されており、評価も高いです。

値段もお手頃で副作用が出にくい仕様になっています。

同じ会社から出されているのなら、どっちがよりいいのか気になりますよね。

フォリックスとリグロースラボを比較し、実際に試して検証してみました。

フォリックスとリグロースラボを比較!リグロースラボの強み

リグロースラボの強みについて解説します。

フォリックスとリグロースラボを比較!リグロースラボの強み

フォリックスにはないリグロースラボの強みは、スポイトが付いている事です。

何故なら、スプレーと違いスポイトは頭皮にダイレクトにつけることができるからです。

髪の毛にあまりつかないのがいいですね。

リグロースラボは塗ると少しベタベタするので、スポイトで吸い上げ、できるだけ頭皮に直接塗り込むのがいいでしょう。

育毛剤はどうしても、下記のような問題が発生します。

  • 塗るとベタベタする
  • 髪の毛についてバリバリになる。
  • 白くフケのようになる

髪の毛にあまりつかず、生え際などの頭皮に直接塗れるのはリグロースラボの強みと言えるでしょう。

また、リグロースラボにはデュタステリドが配合されています。

デュタステリドとは、リダクターゼⅠ型とⅡ型を阻害し、AGA(男性型脱毛症)の原因物質である男性ホルモンDHTの生成を抑制します。

DHTが毛乳頭の中で産生されると発毛が抑制されるので、これは助かりますね。

更に、アゼライン酸とトリューゲンという成分も配合されています。

アゼライン酸とは、頭皮の毛穴を綺麗にし、頭皮皮脂腺から分泌されるリダクターゼⅠ型を阻害します。

そして、脱毛の原因になるDHTの生成を抑制するのです。

トリューゲンとは、細胞代謝を刺激し髪質を強化して、毛髪の表面を修復します。

リグロースラボの毛がたくさん生えてきたという口コミは、こうした成分によるものだったんですね。

デュタステリド、アゼライン酸、トリューゲンの成分はリグロースラボの強みと言えるでしょう。

フォリックスとリグロースラボを比較!フォリックスの強み

フォリックスにしかない強みを解説します。

フォリックスとリグロースラボを比較!フォリックスの強み

リグロースラボにはないフォリックスの強みは、成分の種類が豊富なことです。

フォリックスには主にアデノシン、プロキャピル、アゼライン酸、プロシアニジンB2、ビオチン、銅ペプチドなど16種類もの育毛成分が配合されています。

アデノシンは直接毛乳頭細胞に働きかけ、発毛促進因子の生産を促します。

プロキャピルは頭皮の血流を増加、毛包の老化、AGAの原因である男性ホルモン、DHTによる毛包委縮に働きかけます。

アゼライン酸はDHTの働きを阻害し、抜け毛を防ぐ働きをします。

プロシアニジンB2は抗炎症作用、抗酸化作用、プロテアーゼ阻害作用があり、発毛の環境を整えます。

髪そのものを太くし、ヘアサイクルを休止期から成長期へと導きます。

 

若い青りんごの皮に含まれている、りんごポリフェノールの一種です。

こんな身近に育毛成分があるなんて、驚きですよね。

 

ビオチンはアミノ酸の代謝を促し、髪の健康維持に必要な栄養ビタミンの一種です。

銅ペプチドは血管の健康を維持し、発毛を促します。

 

ミノキシジルと多彩な補助成分のバランスが優れていて、発毛効果もある。

これはフォリックスの強みと言えるでしょう。

 

また、フォリックスには女性も使用できる男女兼用のものがあります。

フォリックスは使用目的ごとに配合が変わっており、男女兼用のものにはフィナステリドが配合されていません。

フィナステリドは妊婦の女性が服用すると、胎児に影響がでてしまうと言われている薬です。

AGAを阻止する防御系の薬として有名ですが、使いどころを間違えると怖いですね。

男女兼用はFR02とミノキシジル濃度が2%ですが、女性の薄毛に十分効果があります。

薄毛やハゲは男性だけの悩みではありません。

なので、女性も使える育毛剤を出していることは、フォリックスの強みだと十分言えるでしょう。

実際に私がフォリックスを使用した体験談も参考にしてみて下さい。

【体験談】フォリックスの効果を検証!口コミと使い方も紹介

フォリックスは他の育毛剤と比べても、驚くほど効果が違います!

フォリックスとリグロースラボの比較結果

フォリックスとリグロースラボの比較結果を解説します。

フォリックスとリグロースラボの比較結果

フォリックスとリグロースラボを比較してきました。

フォリックスとリグロースラボはどちらが優れているのかでいうと、個人的にフォリックスです。

何故なら、フォリックスの方が有効成分が豊富で性別を問わず使える種類のものがあるからです。

フォリックスとリグロースラボの共通点は3つあります。

  • ミノキシジルが高濃度で配合されている
  • かゆみの原因と言われているプロピレングリコールを使っていない
  • 皮膚表面よりも深い層へ有効成分をカプセル状にして届ける成分が使われている

リポスフィアテクノロジーは浸透率を高めるだけでなく、頭皮のバリア効果もあります。

また、通常のミノキシジル製品によくある皮膚の炎症やかゆみを抑えます。

なので、フォリックスとリグロースラボは頭皮に優しい育毛剤と言えます。

しかし、フォリックスとリグロースラボを比較すると圧倒的にフォリックスの方が育毛に有効な成分が多いのです。

リグロースラボも成分的に良い育毛剤なのですが、効果や多彩な種類を見るとフォリックスの方が優れていると言えます。

リグロースラボからフォリックスに乗り換えると、効き目が強すぎて髪の毛の他の毛も濃くなりましたという口コミもあります。

これは、生え際に生えてきた産毛も太く濃くなる可能性を見出せる口コミですよね。

また、フォリックスには男女兼用のものがあります。

ミノキシジルが高配合で女性専用の育毛剤なら他にもありますが、男女兼用もいける育毛剤はないのではないでしょうか。

多彩な有効成分と男女兼用があるというのは、フォリックスがリグロースラボより優れていると言える点でしょう。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

フォリックスとリグロースラボの比較結果まとめ

フォリックスとリグロースラボを比較してきました。

  • フォリックスとリグロースラボはSapphire Healthcare LLCの育毛剤
  • フォリックスとリグロースラボには共通点がある
  • フォリックスの方が有効成分の種類や男女兼用があるという点で、リグロースラボより優れている

育毛剤は世の中にたくさんあります。

日本国内でもミノキシジルが高配合されているものも出ています。

一体どの育毛剤を使えばいいのかわからなくなりますよね。

そういう時は、良い成分がたくさん入っていて、口コミが多いものを選んでみてはいかがでしょうか。

そうすると、おのずとフォリックスへとたどり着くと思います。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました