フォリックス

塗った瞬間から違いが分かる!
フサフサした豊かな髪をGET♪

フォリックス

【徹底比較】フォリックスとリアップどっちが良いか比べてみた

follicks-RiUP フォリックス

日本認定のミノキシジル配合育毛剤リアップ。

その名はCMなどで宣伝され、育毛に関係のない子供でも名前ぐらい聞いたことがあるほどです。

対してフォリックスは海外の製品で、日本に認可された育毛剤ではありません。

しかし、フォリックスはミノキシジルの濃度が高く、口コミや評価も高い商品です。

フォリックスとリアップ、どちらが良いのか迷いますよね。

この記事では、フォリックスとリアップのどちらが良いか比べてみました。

リアップの強みについて

フォリックスと比較して、リアップの強みを解説します。

リアップの強み

フォリックスにはないリアップの強みは2つあります。

まず1つ目は日本における知名度です。

リアップは大正製薬によって1999年に日本初のダイレクトOTC医薬品として発売されました。

なので、リアップは発毛剤のトップブランドとして多くの人に愛されています。

リアップは日本で認可されている薬なので、CMなどで多くの人が見かけます。

育毛や発毛に興味が無い人でもリアップという名前を聞いた事があるはずです。

しかし、フォリックスは海外の製品なので日本のお茶の間CMには出てきません。

二本における知名度はフォリックスにはない、リアップの強みと言えます。

フォリックスにないリアップのもう一つの強みは、一緒に使って効果があるシャンプーとコンディショナーがあることでしょう。

男性用として、リアップエナジーという頭皮代謝にアプローチするシャンプーが開発、発売されています。

それぞれ、超脂性肌用、脂性肌用、乾燥肌用のシャンプーがあり、全ての肌用のコンディショナーもあります。

ベタつきが気になったり、肌が弱い人にとってラインナップが豊富なのは嬉しいですよね。

また、女性用に開発されたリアップリジェンヌもあり、リジェンヌシャンプーとコンディショナーも出ています。

男性用のシャンプーを女性が使うと、どうしても臭いや髪質に合わない場合があります。

しかし、女性専用の頭皮の清潔を保ち、ハリのある美しい髪になるシャンプーとコンディショナーがあるのは、女性にとってとても嬉しい事です。

男性用のそれぞれお肌の性質に合わせたシャンプーのラインナップ、そして女性専用のシャンプーとコンディショナーがある事は、十分リアップの強みと言えるでしょう。

フォリックスの強みについて

フォリックスの強みについて解説します。

フォリックスの強みについて

リアップにはないフォリックスの強みは、フォリックスの方がミノキシジルの濃度が高く配合されていることです。

フォリックスは2%、5%、7%、10%、12%、15%、16%とそれぞれミノキシジルの濃度によって種類が異なります。

フォリックスの2%は男女兼用です。

それ以降は抜け毛防止用、抜け毛防止+育毛用と使い分ける事ができます。

これだけ種類が豊富だったら、自分に合う濃度がどれなのか選ぶことができますね。

一方、リアップは1%と5%のものしかありません。

ミノキシジルは最初、血管拡張薬として開発された成分です。

しかし多毛という副作用がある事がわかり、発毛の主成分としてリアップやフォリックスに配合されています。

ミノキシジルは毛に対して効果が高い分、胸の動悸などの副作用もあります。

リアップは日本が正式に販売することを認めた商品で、副作用が起こらない限り安心安全に使えます。

確かに、海外の製品のフォリックスは確かにどうなんだろうという不安はあります。

ですが、フォリックスの口コミや評価を見る限り毛がちゃんと生えてきた、かゆみなどの副作用が少ないという報告が多いです。

リアップに比べると、フォリックスは知名度は低く、薄毛の関係ない一般の人は知らない商品かもしれません。

ですが、実際使っている方からの口コミは絶大です。

なので、安心して自分に合った濃度のものを選択できるほど種類がある、というのは十分強みだと言えるでしょう。

フォリックスとリアップの比較結果

フォリックスとリアップの比較結果を発表します。

follicks-RiUP

フォリックスとリアップではどちらが優れているのでしょうか。

結論から言うとフォリックスです。

何故なら、ミノキシジルが高濃度に配合されており、かつ最新の技術が使われているからです。

ミノキシジルには毛組織の血流改善、毛乳頭細胞の増殖、毛母細胞の死滅を抑制する働きがあります。

薄毛の人は毛細胞へ送られる血行が悪く、たんぱく質や栄養が行き届かないため髪の毛がやせ細ると言われています。

ミノキシジルを投与することによって、血行がよくなり、本来得るはずだった栄養や酸素が十分行き渡る様になるのです。

この栄養を取り込み、髪を生やすための命令をするのが毛乳頭細胞といいます。

毛乳頭細胞が増殖すれば、髪を生やす命令が増え、毛が生えてくるのです。

毛乳頭細胞の周りにある毛母細胞は血液からきた栄養や酸素などを受け渡しする役割があります。

この毛母細胞が死滅せず、活発になればなるほど髪を生やす命令を受け渡しが行われ、髪の毛が伸びていく仕組みになります。

また、ミノキシジルは血管を広げる効果があるため、頭頂部などの血管の密度が高い場所ほど受ける効果も高くなります。

つまり、ミノキシジルは濃度が高ければ高いほど毛が生える効果が高まるのです。

よって、リアップよりもミノキシジルの濃度が高いフォリックスの方が効き目が強く、優れていると言えるでしょう。

また、フォリックスはリポスフィアテクノロジーが使われています。

これは、有効成分をカプセル化し皮膚の深い層へと浸透させるだけでなく、頭皮のバリア効果もあります。

また、プロピレングリコールを配合していないので、かゆみや炎症による頭皮のトラブルも軽減されています。

最新の技術が使われていることによって、フォリックスは大変頭皮に優しい育毛剤となっています。

これもフォリックスがリアップよりも優れている点と言えるでしょう。

実際にリアップとフォリックスを試した口コミ体験談を下の記事で見ていって下さい。

→【体験談】フォリックスの効果を検証!口コミと使い方も紹介

ぜひ一度はフォリックスを使ってみることをおすすめします!

フォリックスとリアップの違いまとめ

フォリックスとリアップの違いを比較してきました。

  • リアップは日本公認のミノキシジル配合育毛剤
  • フォリックスはミノキシジル濃度の高い商品がそろっている
  • リアップよりもフォリックスの方が優れている

リアップもフォリックスもとても優秀な育毛剤です。

しかし、効果がより大きいのはミノキシジル高配合のフォリックスだと言えるでしょう。

これを機会にぜひフォリックスを使って、髪の毛が生える実感を得てください。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました