フォリックス

塗った瞬間から違いが分かる!
フサフサした豊かな髪をGET♪

フォリックス

フォリックスに副作用はある?!回避方法を覚えて安全に使用しよう!

フォリックス

最強の育毛剤として品切れ続出中のフォリックス。

医薬品と同レベルで取り扱われるぐらいの有効成分が含まれており、効果が絶大なのも納得できます。

ということは、これらの成分に敏感な方には副作用も起きる恐れがあります。

この記事では、フォリックスの副作用と回避方法をご紹介します!

フォリックスの副作用一覧!

フォリックスの副作用を一通り解説します。

フォリックスの副作用

フォリックスを使用した時に起こる恐れがある副作用は、以下の3つに分類されます。

  1. 皮膚トラブル
  2. 代謝トラブル
  3. 循環器系トラブル

以下のトラブルを起こす主な原因は、ミノキシジルやフィナステリドによるものです。

特に育毛効果のあるミノキシジルというのは、実は当初育毛剤として開発されたものではなく、本来高血圧の治療薬として使用されていた成分です。

そのためこれらの成分による副作用を、フォリックスを使用する以前に感じたことがある方。パッチテストを一度行うか、かかりつけの医師に確認をしましょう。

皮膚トラブル(フケ、かぶれる、湿疹等)

  • かぶれる
  • かゆみ
  • フケ
  • 湿疹、発疹
  • 発赤(皮膚が赤くなること)

代謝系トラブル(頭痛、むくみ、汗)

  • 頭痛
  • めまい
  • むくみ
  • 体毛増加
  • 体重増加
  • 精力減退
  • 過剰発汗

循環器系トラブル(動悸等)

  • 動機
  • 血圧が高くなる
  • 胸の痛み
  • 心拍数増加

フォリックスの副作用を回避する方法

フォリックスの副作用を回避する方法を解説します。

フォリックスの副作用を回避する方法

最低3ヶ月は継続使用が推奨されているフォリックスです。

例え副作用が起きたことがない体質だったとしても、副作用は受けないにこしたことはありません。

副作用を少しでも回避できるような方法と、万が一起きてしまった場合の対処法をご紹介します。

通院中の場合は、購入前にかかりつけの医師へ相談を

高血圧やEDなども含め、現在通院中の方は、予めかかりつけの医師へ相談を行なってください。

外用薬ではありますが、服用中の薬との兼ね合いで効果が充分に得られない、または副作用の危険があります。

初フォリックスは低濃度製品+パッチテストから

フォリックスを購入する方は必ずFR05からFR07の低濃度品から購入しましょう。

「FR○○」の○○の数値は、育毛に有効な成分であるミノキシジルの含有率を表しています。

ということは、FR05なら5%、FR07なら7%ということです。

この数値が高ければ高いほどミノキシジルは多く含まれ、フォリックスは最大16%まで含まれている商品があります。

先ほどもお伝えしたように、フォリックスに含まれている成分のうち、副作用を起こすのは主にミノキシジルやフィナステリドです。

FR15またはFR16のように高濃度な商品

もしくはFR12のように高濃度かつフィナステリドが含まれている商品はこれらの成分が多く含まれています。

初めてのフォリックスは、低濃度品で体をフォリックスに慣らしていくスタートダッシュとして捉えましょう。

また、小麦アレルギーなどが心配な方は、比較的アレルギーが起こりやすい成分が抑えめなFR07を使用してみるのもいいでしょう。

また、頭髪のカラーリング等でも言えることですが、フォリックスなどの外用薬を使用する際は、まずパッチテストを必ず行なってください。

パッチテストは次のように行います。

  1. 可能な限り入浴後に行う。
    (汗などがついたままだと正しい判定ができなくなります。)
  2. ガーゼまたは化粧用コットンにフォリックスを少し(0.5プッシュほど)つける。
  3. 手順2のガーゼまたはコットンを、二の腕の裏に絆創膏を使って貼り付ける。
  4. 一晩放置。
  5. 絆創膏を剥がして、貼っていた箇所の皮膚の変わり具合を確認する。
    • 変化なし→パッチテスト合格(Let’s 毛活!)
    • かゆみ・かぶれ・赤みなど→パッチテスト不合格(使用できません)

フォリックスに含まれる天然由来成分は、同効果とはいえど製造ロットで異なるエキスが含まれている場合があります。

そのため、再購入する時でも都度パッチテストを行うと、より安全に使用できるでしょう。

用法・用量を必ず守る

言うまでもないと思いますが、用法・用量は正しく守りましょう。

 

「多く使えば早く結果が出る」ということは無いです。

逆に副作用が起きやすくなってしまいます。

 

元々かゆみなどがある患部には使用しない

もともとかゆみやかぶれなどがある患部には塗らないようにしましょう。

炎症を起こしているその患部から薬剤が入り込むと、過剰反応でアレルギーを起こしてしまったり、炎症をさらに酷くする恐れがあります。

体調が悪い日は、毛活はおやすみ

風邪など、体調が思わしく無い日は思い切ってフォリックスの使用を中止しましょう。

無理してフォリックスを使用すると、血流・血行の促進がなされることから、高熱や吐き気を引き起こす恐れがあります。

フォリックスを使用するときは飲酒は控える

フォリックスを使用した時に飲酒すると、毛母活動に必要なタンパク質=シスチンがアルコール分解に使われてしまうこと。そして、フォリックスに含まれているアデノシンは、アルコール同様血行促進の効果があります。急激な血圧上昇や心拍数増加よりめまいを引き起こす恐れがあります。

もし副作用を感じたら

もし、これだけ副作用に細心の注意を払っていたにもかかわらず、副作用のような症状や不調を感じてしまった。

その際は次のような行動をとってください。

  1. フォリックスの使用を止める。
  2. 症状にあった専門院で診察を受ける。
    • かゆみやフケ、体毛増加など→皮膚科
    • 発熱、性欲減退、心拍増加など→内科

特に2番目の専門院で診察を受ける場合ですが、育毛剤を使って体調が変化したことを医師に伝えることが重要です。

また、フォリックス本体を一緒に持参して受診すると、医師の診断に役立ち早期回復を図ることができます。

そのためにも、普段の自分の体調がどうなのかを1日1日把握しておくことが大事です。

毛活日記として育毛の成果とともに体調もメモしておくと、より体調が管理しやすく、且つ楽しく過ごすことができます!

実際に私がフォリックスを試した口コミ体験談で副作用が出たのかどうかも合わせてご覧下さい。

フォリックスの副作用まとめ

フォリックスの副作用について解説してきました。

  • フォリックスは育毛に有効な成分がてんこ盛りなので、まれに副作用が出ることがある
  • フォリックスの副作用は3つある
  • フォリックスの副作用を感じた場合は、症状に合った専門医の受診を受ける

と言っても、フォリックスは外用薬なので、内服薬の育毛剤に比べると副作用発生率は断然少ないです。

概算で比べても2倍ほどの差があります。

用法・用量をきちんと守っていれば安全に使用することが可能な最高の育毛剤です。

創業23年の個人輸入代行ショップ、オオサカ堂なら細かい成分や使用方法まで丁寧に紹介されています。

またオオサカ堂で購入すると、会員特典としてメールでクーポンやお得なセール情報が届きます。

フォリックスを購入するなら、オオサカ堂がおすすめです。

フォリックス公式

公式: https://osakadou.cool/topics/follics_brand.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました